桜前線、北上中

雪が解け、日に日に明るく。冷たい風がふんわりと優しい風に変わる頃、桜の花の蕾も少しずつ膨らみはじめます。札幌の桜は、例年4月下旬からが見頃。今年の桜をもう一度眺める旅はいかがでしょう。

札幌の春。もうすぐ桜の季節です。

2019年のゴールデンウィークは最大10連休。札幌の桜は4月下旬の開花予想ですので、ちょうどお花見日和になりそうです。徒歩約3分の大通公園をはじめ、桜の名所がすぐ近くにある札幌グランドホテル。北海道の代表的な桜、寒さに強い紅色のエゾヤマザクラをはじめ、ソメイヨシノ、八重桜など、美しく可憐な花が5月中旬頃まで咲き誇ります。左の写真は、今年開業85周年を迎える札幌グランドホテルの創立総会が開かれた豊平館。国指定重要文化財に指定されている開拓使建築の洋館は、中島公園の中にあり館内の見学も可能。日本庭園のシダレザクラも見事です。一年に一度の桜をもう一度。ゆっくりと春を迎える札幌の街をホテルを拠点に散策してみませんか。

北海道庁旧本庁舎│赤れんが庁舎

「赤れんが庁舎」として親しまれている北海道庁旧庁舎。前庭には約1,000本の樹木や花が植えられ、四季折々の景観を愉しむことができます。桜の樹種は、チシマザクラ、サトザクラ、エゾヤマザクラ、カスミザクラで約40本。アメリカンネオバロック様式の洋館、前庭の池と桜の絶景は、街の中心にいることを忘れる程の素晴らしさです。ホテルから徒歩約3分。

  • 大通公園

    札幌の中心部を東西に横切る大通公園の桜は、西5丁目、6丁目、7丁目、12丁目に咲いています。早く起きた朝は、お花見散歩もおすすめです。ホテルから徒歩約3分。

  • 北海道神宮

    札幌を代表する桜の名所。約1,400本の桜と梅の花がほぼ同時期に開花します。参道の桜並木は圧巻。ホテルから車で約10分。東西線利用(大通駅-円山公園駅)で約17分。

  • 中島公園

    藻岩山を背景に水と緑が豊かな憩いの場。豊平館や日本庭園、菖蒲池など見所が多い中島公園。ホテルから車で約10分。南北線利用(大通駅-中島公園駅)で約8分。

  • 平岡公園

    ほのかに香る春の香り。紅白約1,200本の梅が植樹されている見事な梅林。梅と桜、札幌ならではのお花見を愉しむことができます。ホテルから車で約30分。

次の旅、街に咲く花々。

桜に続いて花開くのは「札幌の木」でもあるライラック。街のあちこちで美しく香る花は、明るい紫色だけでなく、白、ピンク、マゼンダも。5月の中旬からは「さっぽろライラックまつり」も始まり、約400 本のライラックが咲く「大通会場」と白石区の「川下公園会場」では、音楽祭をはじめ、ワインガーデンなど多彩な催しが愉しめます。これからの札幌は、美しい時の移ろいを感じることができる季節。ほんの少し歩くだけも鮮やかな草花に癒されます。たとえば、暖かな光に恵まれた日は、JR札幌駅からの移動もお散歩気分で遠回り。街路樹が続く駅前通り、大通公園、赤れんが庁舎を巡ってホテルへ。 四季を通じて快適な地下歩行空間に加えて、街にある豊かな自然に出会うルー トもおすすめです。

  • ライラックまつり│大通公園

    札幌に初夏の訪れを告げる「ライラックまつり」。2019年は、大通会場5/15(水)~5/26(日)、川下会場6/1(土)~6/2(日)開催。大通会場はホテルから徒歩約3分。

  • 札幌の花・すずらん│国営滝野すずらん丘陵公園

    可憐なすずらんは札幌の花。家の庭の陰や公園の隅にひっそりと咲く身近な存在です。写真は、国営滝野すずらん丘陵公園のすずらんの群生。ホテルから車で約40分。

  • 世界の花に出会う│百合が原公園

    「’86さっぽろ花と緑の博覧会」の会場。世界の百合広場には、公園のシンボルである約100種類の百合が植栽されています。ホテルから車で約30分。

  • ラベンダー│幌見峠ラベンダー園

    札幌グランドホテルの香りのベースでもあるラベンダー。札幌の街並みを一望する幌見峠ラベンダー畑の開園時期は例年7月中旬~ 8 月上旬です。ホテルから車で約20分。

この記事のおすすめ

  • 宿泊プラン
  • 宿泊+航空券プラン
  • レストラン